タイトル 伊万里焼

伊万里焼解説
伊万里とは?

明治伊万里好評販売中!お急ぎの方ここからリンク先へ!!



江戸時代の頃、有田周辺で焼かれ伊万里港から運ばれた焼物を伊万里といいます。現在、赤絵に金をほどこした物を古伊万里様式と呼びます。


鍋島藩御用窯でつくられた焼物を「鍋島」と呼び、その伝統を受け継いだのが「伊万里焼」です。

江戸時代から明治にかけて、伊万里・有田地方の焼物は伊万里港から運び出されたために、伊万里の地名は焼物の代名詞として呼ばれていました。その当時の焼物を古伊万里といいます。

分りやすく言えば、江戸時代の伊万里焼を古伊万里と称するものです。


他のページでも解説致しましたが、『有田焼』は、『伊万里焼』とも呼ばれます。

つまり、伊万里焼は、佐賀県有田町を中心に伊万里、波佐見(長崎県)などで焼かれた肥前の磁器です。現在の有田焼と呼ばれる物の時代物を言うのです。

有田焼と伊万里焼は同義ですが、場合によって、有田焼は佐賀県有田町で生産される磁器を指し、伊万里焼はやや範囲を広げた肥前磁器全般を指すという考え方もあります。

伊万里焼の名称は、有田焼から船で積み出す際、伊万里港からなされていたことにより積み出し港の名を取って「伊万里」と呼ばれていました。

現代でも、焼き物美術の方面では「伊万里」の呼称が多く使われています。

泉山陶石、天草陶石などを原料としていますが、磁器の種類によって使い分けています。

作品は製造時期、様式などにより、初期伊万里、古九谷様式、柿右衛門様式、金襴手などに大別されます。

また、これらとは別系統の、献上用の極上品のみを焼いた藩窯の作品があり、「鍋島焼」と呼ばれています。



伊万里焼きの歴史

肥前磁器の焼造は17世紀初頭から始まりました。

豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、多くの藩が陶工を日本へと連れ帰りました。

逆に言うと、この当時まで、日本には大した焼き物の技術がなかったと考えられます。

このように記すと、それまでにも日本にだって焼き物の技術はあったはずだ!
と言う方もいらっしゃることでしょう。

当然、原始共産制時代の太古から、日本でも焼き物の技術はありました。
著名な焼き物としては、縄文式土器です。

大陸(特には朝鮮半島)からの文化輸入で、農業が伝来する頃になると、今度は弥生式土器が焼かれるようになりました。

しかし、この土器使用の後、大した技術がなかったのは確かなことなのです。

具体的には、織田信長が妹婿の浅井長政を自殺に追い込んだ時などの祝杯には、そのシャレコウベを使用したなどという話を聞いたことがあるでしょうか?

鎌倉時代~室町時代に末期では、大した技術技術革新があったとは考えられません。
当然、海外との貿易で陶磁器を仕入れていたと考えられます。


肥前国鍋島藩主鍋島直茂が連れ帰った中の一人が有田焼の祖とされる李参平です。

彼は、1616年(元和2年、江戸時代初期)に有田の泉山で白磁鉱を発見し、そこに天狗谷窯を開き日本初の白磁を焼いたとされます。

李参平が日本磁器の祖であるという説は広く信じられていますが、近年の学術調査の進展により、天狗谷窯の開窯よりも早い時期から、有田では未熟な磁器製造が始まっていたことが明かになっています。

李参平は日本名を「三兵衛」と称し、有田町の龍泉寺の過去帳にも記載されている実在の人物で、日本で最初に磁器を焼いたかどうかは別 としても、肥前磁器の発達に貢献したことは確かなようです。

有田では李参平を「陶祖」として尊重しており、有田町には李参平を祭神とする陶祖神社もあります。

但し、李朝当時の民間人には姓はないため、李という姓は当時の李朝における王族を意味しているのだと考えられます。一職人がそのような姓を持てるはずがありません。

また、白磁の技術は当時景徳鎮にしか無かったため、李参平と言う人は景徳鎮で磁器の製法を学んだ朝鮮半島出身者の名前で、そもそも大陸の人間であったのでしょう。

それ以前の有田において、江戸時代初期にはそれまでにも日本に輸入されていた、中国・景徳鎮の磁器の作風に影響を受けた染付磁器を製作しています。

「染付」は中国の「青花」と同義で、白地に藍色一色で図柄を表わした磁器です。

磁器の生地にコバルト系の絵具である「呉須」で図柄を描き、釉薬を掛けて焼造します。

1637年(寛永14年)に鍋島藩が伊万里・有田地区の窯場の統合・整理を敢行し現在の皿山を作りました。

当時の朝鮮半島磁器には色絵の技法がなかったため、肥前の磁器もしばらくは染付や青磁、白磁のみで色絵は作られていませんでした。

この頃までの有田焼を骨董界ではしばしば初期伊万里と称します。



又、当然に陶石を精製する技術(水漉)も未発達だったことから、鉄分の粒子が表面に黒茶のシミ様となって現れていることに加え、素焼 きを行わないまま釉薬掛けをして焼成するため、この時期の作品の特徴は、柔らかな釉調であることがあげられます。


形態的な特徴では、6寸から7寸程度の大皿が多く、皿径と高台径の比がほぼ3対1の、いわゆる三分の一高台が多いことです。


1640年代なると我が国国内で技術的な改革が行われます。革新的な色絵磁器が焼かれるようになったのはこの頃です。

俗に言う「古九谷」と称される作品群はこの時期、有田で焼かれた初期色絵であるとするのが、20世紀後半以降の通説とされています。

ただ、「古九谷」は加賀(石川県南部)で焼かれたものが早いとする説も根強く残っていますが、海外との文化流通の要である九州地方を
さておき、内地北陸で突然に革新できるはずもないと考えます。

1659年(万治2年)、オランダ東インド会社が伊万里(有田焼)を大量に買い付け、ヨーロッパへ輸出するようになりました。

これには、磁器生産の先進国であった中国王朝が「明」から「清」へと政権を交替した時期でしたから、中国商品の輸出が非常に不安定で
あったと言う理由からです。

生産技術の向上に伴い、こうして日本の陶磁器も世界に知られるようになってゆくのです。

これら輸出品の中には、オランダ東インド会社の略号VOCをそのままデザイン化したものから、17世紀末までにヨーロッパへ普及した茶、コ
ーヒー、チョコレートのためのセット物までもあっとされています。

17世紀後半に生産が始まった、いわゆる柿右衛門様式の磁器は、濁手(にごしで)と呼ばれる乳白色の生地に、上品な赤を主調とし、余白 を生かした絵画的な文様を描いたものです。

この種の磁器は初代酒井田柿右衛門が発明したものとされていますが、窯跡の発掘調査の結果によると、この種の磁器は柿右衛門窯だけではなく、有田地方のあちこちの窯で焼かれたことがわかっています。

つまり、これは様式は生産地の差の違いを言うのではなく、製造時の違いであろうと推測できます。

17世紀後半には、更なる技術進歩により、純白に近い生地が作れるようになり、余白を生かした柿右衛門様式の磁器は、輸出用の最高級品として製造されました。

17世紀末頃からは、金彩をまじえた豪華絢爛な「金襴手」も製造されるようになりました。

有田の金襴手は中国明代後期の嘉靖・萬暦期の金襴手を範に取っていることから、皿底の銘に「大明嘉靖年製」「大明萬暦年製」とあるものが多いのです。

しかし、これは中国製のイミテーションだったというのではなく、デザインの一部として取り入れられた宣伝手法であったと考えられています。



17世紀末から18世紀初頭にかけて最盛期を迎えた有田の磁器なのですが、景徳鎮窯の生産・輸出再開は、製造が軌道に乗るにつれて厳しい 価格競争に晒されることとなります。

遂には1757年にオランダ東インド会社に対する輸出が停止されます。すると、それ以降は日本国内向けの量産品に生産の主力を置かなけれ ばならない状況になったのです。

今日、私達が骨董店などで多く目にする製品は、こうした18世紀の生産品であることが多数あります。


17世紀末頃から波佐見を中心に、焼きの歩掛かりをよくするための、厚手の素地に簡略化された同じ紋様を描き込んだ碗類を大量に生産しました。理由は当然、コストの削減です。

安価で流通したこれらの碗は、当時出現して人気を得た屋台でも食器として使用されました。

当時の屋台が「喰らわんか」と客引きをしていたことから、波佐見窯で焼かれた、これらの安価な庶民向けの磁器を「くらわんか碗」と呼 んでいます。


「鍋島焼」は日本国内向けに、幕府や大名などへの献上・贈答用の最高級品のみをもっぱら焼いていた藩窯です。

鍋島焼きは、鍋島藩の藩命を懸けた贈答品であっただけに、採算を度外視し、最高職人の最高傑作しか出回っていませんでしたが、やはり、時代が下るにつれ質が下がります。

作品の大部分は木杯形の皿で、日本風の図柄が完璧な技法で描かれています。

鍋島焼きの特徴は、高台外部の縦縞です。

開始の時期は定かではありませんが、延宝年間(1673年頃)には大川内山(伊万里市)に藩窯が築かれています。

当初、日本唯一の磁器生産地であったこれらの窯には、鍋島藩が皿役所と呼ばれる役所を設置し、職人の保護、育成を行っています。

生産された磁器は藩の専売特許制により、全てを買い上げ、職人の生活は保障していました。即ち、外部にその技術が漏れることを怖れた藩は、完全に職人と技法を外界から隔離したわけです。

鍋島の職人は一生外部出ることはなく、外部から人が入ることも極めて希であるという閉鎖的生活を強いられたと伝えられます。

それでも、磁器生産は全国窯業地の憧れであった為に、19世紀初めには、瀬戸の陶工加藤民吉が鍋島への潜入に成功し、技術が漏洩したそうです。

以降、瀬戸でも磁器生産が開始されるようになりました。こうして東日本の鍋島市場が徐々に奪われていきました。

江戸末期なると、今度は、全国の地方窯も瀬戸から得た技術により磁器の生産が広まっていきます。

ともあれ、日本の磁器生産トップブランドとしての有田の名は現在に至るまで色褪せてはおりません。

カテゴリー

リンク

インフォメーション

RSS